営業時間 9:00〜21:00(土日祝の対応可)0120-770-591

現在ガイナ工事中のお客様はこちらをご覧下さい。

現在ガイナ工事進行中

施工事例

こだわりの外壁/塗装工事

更新日:2017/12/15

工事中、毎日更新しています。

家にいられなくても工事内容が分かります。
iPad ・ スマートフォン ・ iphoneで確認する事ができます。
また、工事後もご利用・確認することができます。
(アフターケアにも力を入れてますので、併用して確認頂くことができるかと・・・)

1
施工前
aobakugaina-2
施工後

スレート屋根、ALC外壁塗替え(断熱塗装ガイナ)

施工場所
横浜市青葉区 
施工対象
スレート屋根瓦 ALC外壁 付帯部 
施工内容
スレート屋根にガイナ塗装  ALC外壁にアートフレッシュ塗装  ALC目地は交換・補修をします 
外壁屋根付帯塗装
アートフレッシュ ガイナ セラミック 

工事の様子(毎日更新)作業開始から完了まで

横浜市青葉区 W様邸の外装塗替え工事を行います。

屋根はガイナで長持ちするようにお手入れをします。

壁は今のマットな感じを生かせる アートフレッシュ という塗料を使います。
壁はALCなので、シーリング目地があります。

この目地もしっかりと治していきたいと思います。

 

1 2

工事前の外壁 屋根の状態になります。

 

 

 

3

調査をした時の屋根温度です。
62.6℃  触ってられません。  普通の方が素手で触れるのは47℃くらいまでです。

 

ガイナを塗るとこの熱を遠赤外線に変換します。 そして、放射(反射)します。
結果、『エアコン使用量が少なくても涼しく』・『ヒーターの使用量が少なくても暖かくなる』ので、省エネルギー塗料といわれています。

 

 

早速、工事を開始します。

 

 

 1日目の作業  足場組立

4

足場の組み立ての様子です。

 

 

 

2日目の作業  高圧洗浄

6 7

高圧洗浄の前に、飛散対策。 隣のパーキング側にはビニールを張り巡らせました。

 

8 9

屋根の高圧洗浄になります。  ガイナ塗装前の下地調整の一つです。

 

10 11

12 13

14 15

16 17

その他、外壁 シャッター・ベランダの床・車庫周りの高圧洗浄を行います。

車庫の奥の物置、作業ができるように少し手前に出しました。

 

 

 

 3日目の作業  塗装前の下地調整作業

1 2

ガイナを塗装するスレート屋根です。
下地調整として、棟押さえ板金を固定している釘が飛び出していおりますので、打ち込みます。

 

 

 

 43

突出した釘を打ち込んでもしっかりと効かない箇所があります。
そういうところは、ステンレスのビスで固定し直しておきました。

 

 

 

5 6

ベランダの物干し掛けです。
工事中は仮で外させていただきます。

W様 洗濯物が早めに干せるように、できるだけ早めに復旧します。

 

 

7

エアコン配管です。
カバーが取り付けてありましたが、カバーの裏面も塗装したいので取り外し。

 

 

 

 

8

続きまして、ALC外壁のコーキング目地を撤去します。

 

 

 

10 11

窓周りのコーキングも新しいものに交換するために撤去します。

 

 

 

1312

カッターや機械を使って撤去します。

 

 

 

14

古いコーキング材を撤去した山です。 ゴミ袋2つ分は出ますね。。。

明日もコーキングを撤去を進めたいと思います。

 

 

ですが、今夜は雨予報、、、、

9

W様  写真のように雨が降っても、大丈夫なようにしておきました。

 

 

15

W様  沢山のお茶 お菓子 ありがとうございます。

工事 頑張ります!

 

 

 

4日目の作業 ALCコーキングの撤去、作業

gani-4 gani-5

gani-6 gani-7

今日もひたすらコーキングの撤去になります。

 

 

 

gani-1 gani-2

W様 日中にご説明をさせて頂きましたが、実際の作業の様子です。

カビ除菌剤  高圧洗浄でもとれない、深くカビが残っている所に塗り込んでおきました。

 

 

gani-8 gani-10

こちらは破風板になります。  こちらも『つぎめ』がありますので、しっかりと止水コーキングをしておきましょう。

 

 

 

 

gani-9

今日もたくさんのコーキングを撤去しました。

一斗缶に2杯出ましたよ。。。

 

 

 

5日目の作業  横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-1 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-2 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-3

ALCコーキング目地。  古いコーキング材を撤去したヶ所に、新しいコーキング材を充てんします。
まずは、プライマー(接着剤)を塗ります。

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-4 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-5

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-6

コーキング材を充てんします。
新しいコーキング材は ネオウレタンコーキング(非常に耐久性が高いコーキング材です)

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-7

ALC目地コーキングの充てんが完了したヶ所になります。

 

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-8 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-9

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-10

こちらは屋根の棟押さえ。つぎ目を止水コーキングします。

ここからの雨漏りは気をつけておかなければならないヶ所です。

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-11

屋根に発生していた、ひび割れ。  
W様 屋根の下地調整もしっかりと作業を進めておきます。

 

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-12 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-13

破風板のつぎめ。   ベランダ手すりと外壁のつぎ目。

ここも、良く雨が室内側に雨が入り込む部分になりますので、直します。

 

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-14

換気フード回りもしっかりと止水コーキング。

 

 

 

6日目の作業  横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

 alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-2 alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-3

W様  今日もコーキング作業を行います。

接着剤を塗り込んでいます。  (W様 ヨコ目地は打ち増しを行います)

 

 

 

alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-4 alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-5

サッシ部のコーキングです。 
左の写真 ・・・ コーキング材を充てんしています
右の写真 ・・・ ヘラでなめらかに成形して、マスキングテープをはがします。

 

 

 

alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-6

ALCタテ目地。  こちらもコーキングを充てんしていきます。

 

 

 

alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-7 alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-8

本日、作業をしたヶ所 全体を撮りました!

 

 

 

alc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0-9

まだ作業していないところ。  今日の夕方から雨の予報なので、雨が入り込まない様にしておきます。

ALC目地は、雨が入り込むと室内側まで到達してしまいますので、、、

 

 W様 明日以降もよろしくお願いします。

 

 

 

7日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

alc-1 alc-2

ALCコーキング目地  タテ目地・ヨコ目地に新しいコーキング材を充てんしていきます。

 

 

 

alc-3 alc-4

止水コーキング処理の様子 (全体)

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e8%aa%bf%e6%95%b4-1 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e8%aa%bf%e6%95%b4-2

屋根の棟押さえです。

金属なので、サビ止め塗装をしておきましょう。

(サビ止め塗装の前に 下地調整でケレン・研磨もしっかりとしておきました)

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e8%aa%bf%e6%95%b4-3 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%b8%8b%e5%9c%b0%e8%aa%bf%e6%95%b4-4

棟押さえ 雪止め。  一通りの金属部にサビ止め塗装が完了!。

 

 

 

8日目の作業 横浜市青葉区 W様邸 ガイナ塗装工事

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-1 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-2 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-3

北側 道路面のコーキングを治します。

古いコーキング目地を撤去

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-4 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-5

窓周りのコーキングも撤去して新しくします。

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-6 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-7

新しいコーキング材を充てんする前に、プライマー材を多めに塗り込みます。

ALCコーキングを交換する際のポイントとして、 接着剤を多めに塗ることです。
なぜ多めに塗る必要が有るかというと、ALC壁は他のカベ材と比べて、吸い込みやすい素材のだからです。

 

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-8 alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-9

新しいコーキング材を充てんします。
このコーキング材がALC壁のつぎ目からの雨の侵入を防ぎますのでしっかりと治しましょう!

 

 

 

alc%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b6%9a%e3%81%8d-10

車庫室内のコーキング作業の完了の様子になります。

 

 

 

9日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

%e5%a4%96%e5%a3%81%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-1 %e5%a4%96%e5%a3%81%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-2

 

 

ALC目地コーキングの充てん作業です。
コーキング目地作業を始めてから、今日で8日目。

合計 500m以上ありましたが、すべての補修が完了しました!

 

 

 

%e5%a4%96%e5%a3%81%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-3 %e5%a4%96%e5%a3%81%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-4

ベランダ壁面のコーキングの様子。

 

 

 

 

%e5%a4%96%e5%a3%81%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-5 %e5%a4%96%e5%a3%81%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-6

車庫室と東側壁面のコーキング作業の様子。

これにて、ALC外壁のコーキング補修は終わりです。

 

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85%e5%89%8d%e3%80%80%e9%a4%8a%e7%94%9f

続きまして、塗装工事を行うための準備。 ビニール養生を行います。

塗装で周囲が汚れないようにします。

 

玄関周りだけ養生して、今日は暗くなってきたので帰ります。

 

 

 

10日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

%e9%a4%8a%e7%94%9f-2 %e9%a4%8a%e7%94%9f-3 %e9%a4%8a%e7%94%9f-4 %e9%a4%8a%e7%94%9f-5

W様 ビニール養生です。
塗装工事をしている最中にペンキが付着してはいけないヶ所にビニールをかぶせます。

 

 

 

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85%e4%b8%8b%e5%a1%97%e3%82%8a-1 %e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85%e4%b8%8b%e5%a1%97%e3%82%8a-2

 

 

屋根の塗装。
ガイナ塗装の下塗り作業になります。

この下塗り塗装はスレート屋根 と ガイナを密着させる効果があります
また、この下塗り塗料にも熱を反射する『遮熱性能』があります。

 

 

 

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85%e4%b8%8b%e5%a1%97%e3%82%8a-3

棟押さえ板金の塗装です。
棟押さえ(金属) ・ 屋根材(セメント系)。

金属には、金属用の下塗り塗装をしておきます。  この下塗り塗装には、サビ止め効果があります。

 

 

 

%e5%b1%8b%e6%a0%b9%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85%e4%b8%8b%e5%a1%97%e3%82%8a-4

玄関裏側、 2階面の屋根になります。

こちらも ガイナ下塗り & 金属部用の下塗りを作業しました。

 

 

 

11日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%80%801%e5%ba%a6%e7%9b%ae-1 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%80%801%e5%ba%a6%e7%9b%ae-2

スレート屋根にガイナを塗ります。  
W様 お打合せしました色です。

ガイナの効果をできる限り引き出すための色合いを選んで頂き、
ありがとうございます。

今時期はガイナの効果・体感は出来ないと思いますが、
夏場であれば、塗ってから1週間ほどすると体感されているお客様が多くいます。

来年の夏は、効果が体感できると思いますので、
楽しみにしてくださいね!

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%80%80%e8%bb%92%e5%85%88%e5%a1%97%e8%a3%85-1 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%80%80%e8%bb%92%e5%85%88%e5%a1%97%e8%a3%85-2

軒先(屋根の一番先端部)
W様が地上から見えない箇所になりますので、写真におさめました。

軒先はサビが発生しやすい部位なので、お手入れは大切です。

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%80%801%e5%ba%a6%e7%9b%ae-3 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a1%e5%ba%a6%e7%9b%ae%e3%80%80%e5%85%a8%e4%bd%93

 

 

ガイナ1回目の塗装が仕上がりました。
2階の屋根  3階の屋根  全体の写真です。

3階屋根の写真が少しムラに見えますが、まだ乾燥していない塗りたてだから。
乾けば、均一になります。

ガイナはつやの無い、マットな仕上がりになります。

 

 

 

 

%e8%bb%92%e5%a4%a9%e5%a1%97%e8%a3%85

屋根ガイナの続きの作業を行いたいと思いますが、
乾燥で3時間ほど必要です。

その間は軒天(のきてん)の塗装をします。

軒天 ・・・ 屋根、ひさしの部分です

 

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a2%e5%ba%a6%e7%9b%ae

午後から屋根ガイナの続き。

まずは、端末部。  小さいすき間にハケを使って、ガイナを奥まで塗り込みます。

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e5%8f%96%e4%bb%98-1 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%bc%e5%8f%96%e4%bb%98-2

次に、屋根の重なり目にタスペーサーという部材を取付します。

この重なり目の中に雨水がたまるので、出やすくしておくものです。

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%b8%8a%e5%a1%97%e3%82%8a2%e5%ba%a6%e7%9b%ae

タスペーサーを取付し後は、
ガイナ塗装 上塗り(仕上げ)をします。

ガイナは厚みをしっかりと確保する必要がりますので、
惜しみなく、材料を使って塗り込んでいきます。

 

今日は夢中で塗っていて、
仕上がりの写真を撮っていないので、後日撮りたいとおもいます。

 

 

 

 

12日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

1

今日は外壁塗装を行います。
W様 自転車はカバーをしておきますね。 
ペンキがつかない様にしておきます。

 

 

 

6

まずは軒天の塗装を行います。

 

 

2 4

5

車庫周り ベランダ回りの下塗り塗装になります。
下塗り ・・・ 上塗り塗料(仕上げの塗装) と 外壁ALCを接着させるための作業

この下塗り塗料は、
外壁ALCの目に見えにくいひび割れを覆ってくれる効果があります。

 

 

 

13日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

alc%e5%a1%97%e8%a3%85-1 alc%e5%a1%97%e8%a3%85-2

今日ははじめに
『駐車場側』 と 『正面側』 のALC中塗り塗装を行います。

なるべく、駐車場側(お隣の駐車場への影響対策) と 洗濯物が干せるようにベランダ回りを
優先して仕上げていきます。

 

 

 

alc%e5%a1%97%e8%a3%85-3

ベランダ手すりの隙間・裏側はハケで塗装を塗り込んでいきます。

 

 

 

alc%e5%a1%97%e8%a3%85-4

続きまして、他面の残っていた部分の下塗り塗装も同時に進めます。

 

 

 

alc%e5%a1%97%e8%a3%85-5

今朝、ALC外壁に中塗り塗装をした面。

(駐車場側の上部などです)

 

ALC 上塗り塗装を進めましたが、今日はここまで。

W様 駐車場側への対策などは足場のシートを2重にすることで対策をしております。
できるだけ、高い部分 2階・3階を優先して作業を進めております。

 

明日も、外壁作業を続けて行っていきます。

 

 

屋根ガイナ塗装 (3階の屋根)仕上がりの写真です。

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85-1 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85-2

ガイナ塗装の仕上がりになります。
一昨日のご説明の際に ムラっぽく見えるところとお話をしました。

同一方向の写真を撮りましたので、
乾いて、キレイになっているのがわかると思います。

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85-3 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e5%a1%97%e8%a3%85-4

元々の屋根材をしっかりとガイナが覆っております。
3階屋根 ガイナ塗装 仕上げまでしっかりとできました。

 

引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

 

14日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

1

今日も作業前に、自転車などにシートをかけておきたいと思います。

 

 

 

2 3

W様 お隣の駐車場面のベランダです。 お打合せ通りの色分けをしました。

黄色と緑のバランスがいいですね!

 

 

 

4 5

車庫室内のALC塗装 上塗りになります。

物置を早めに戻しておきたいとも思いますので、車庫室も早めに作業を進めさせていただきます。

 

 

6 7

今日、中塗り塗装をしたベランダの中(ミドリ部分)です。

中塗りの乾燥を確認しましたので、上塗り塗装を行います。

 

 

W様 今週末か来週の頭には、ベランダに洗濯物が干せるようになります。

もう少し、お時間ください!  よろしくお願いします!

 

 

 

15日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

1

今日は付帯塗装を進めてます。

破風板という部分になります。  まずは、下地強化塗装を最初に塗ります。

これを塗ってから、上塗り塗装をすることで、
今後、塗装がはがれることがなくなります。

 

 

 

2 3

こちらが破風板の上塗り塗装。
長持ちするセラミック塗料というのを塗り込んでおります。

 

 

4 5

雨トイも一緒に塗装を進めます

 

 

 

6

W様 こちらは 軒天についている換気口です。    屋根裏の熱を換気するためにあるものです。

こちらも一緒に塗装できれいに仕上げます。

 

 

 

7 8

下塗り & 上塗り にて作業を進めました。

 

 

 

9 10

西面・南面のALC外壁。

上塗り塗装の残っていたところ。  こちらの仕上げ作業を行います。

 

 

 

16日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-2 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-3

付帯部の塗装。  換気扇になります。
外壁だけがキレイになっても、他の部分が汚れていたのでは気になります。

塗装をしておけば、長持ちします、、キレイですよね!

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-4

こちらは水切り板金。  まずは、下地調整(ペーパー掛け)
下地調整をすることで、塗料がきちんと密着します。

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-5

細部なので、ハケでゆっくりと塗りこみます。

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-7

工事のために外していた、物干し掛けを復旧。

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-8

こちらは、角部分をごらんください。
エアコンカバーの復旧です。  カバーの裏側もしっかりと塗り込みました。

 

もちろんですが、エアコンカバーも塗装してあります。

 

 

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-9 %e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e4%bb%98%e5%b8%af%e9%83%a8-10

ベランダの床。  防水保護塗装。

現在、FRP防水材という物で、ベランダ床を防水しています。

このFRP防水が紫外線で劣化しない様に、保護塗装をしておきますね!

 

 

 

1 2

電気配線。  こちらも新しい電気バンドに交換して復旧。

 

 

 

6 7

 

 

ベランダの手すりです。  作業で汚れてしまったところを清掃。
工事後、W様に気持ちよく使って頂きたいですからね!

 

 

3雨トイの塗装になります。1階から3階までこのパイプを伝わってきています。  写真はローラーを使っていますが、狭い所はハケで塗りこんであります。

 

 

 

 

 

 

4 5

こちらは、外壁ALCの見直し・手直し。

他のペンキがついてしまう事がありますのでチェック・手直しして、本日の作業は終了にします

 

 

17日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

alc-1 alc-2

東面 玄関面のALC外壁塗装。
下塗り塗装を進めております。

 

 

alc-3 alc-4

残っていたALC壁の下塗りが入りました!
塗料を吸い込ませるように、塗ってあります。

 

 

alc-5

ALC外壁の中塗り ハケで細部を塗り込んでから、、、

 

 

 

alc-6

全体をローラー塗装を進めます。

 

 

 

alc-7 alc-8

赤色の部分です。

こちらもハケとローラーをつかって、塗装の厚みを確保するように塗り込みます。

今日は外壁塗装の中塗り、途中まで進めて終わりにします。

 

 

 

18日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

alc%e4%bb%98%e5%b8%af%e5%a1%97%e8%a3%85-1

今日はシャッターBOXの塗装から始めます。
(写真は横から撮っております。)

最初に、弱った古い塗装は落とすので、ペーパー掛け。

 

 

 

alc%e4%bb%98%e5%b8%af%e5%a1%97%e8%a3%85-2 alc%e4%bb%98%e5%b8%af%e5%a1%97%e8%a3%85-3

シャッターBOXには、セラミックウレタン塗料をローラーで塗ります。

 

 

 

alc%e4%bb%98%e5%b8%af%e5%a1%97%e8%a3%85-5

ALCの壁、塗装。

残っていた 上塗り1回目の続きを仕上げます。

 

 

 

 

alc%e4%bb%98%e5%b8%af%e5%a1%97%e8%a3%85-6 alc%e4%bb%98%e5%b8%af%e5%a1%97%e8%a3%85-7

”西側面の黄色”  ”玄関面の赤色”  こちらの上塗り2回目を行います。

 

 

 

alc%e4%bb%98%e5%b8%af%e5%a1%97%e8%a3%85-8

午前中に上塗り1回目を塗ったところ。
帰る前に上塗り2回目を行いました。

 

 

 

19日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

1beramda-1 1beramda-2

W様、4ヶ所ベランダ    残りの2ヶ所になります。

ベランダ床 FRP防水への保護塗装になります。

 

 

 

1beramda-3 1beramda-4
仕上がりました。

 

 

 

2hutai-1 2hutai-2

付帯塗装も仕上げを進めていきます。

基礎水切り  雨トイ へのセラミック塗装。

 

 

 

3gainatosou-1 3gainatosou-2

W様 お約束していた作業です。
車庫の脇に落ちてくる雨トイを、邪魔にならないところへ移動。

 

 

 

3gainatosou-3

西側の屋根 ガイナ。
最後の仕上げ作業でローラー塗装。

ガイナを使った作業はこれですべて、完了になります。

 

 

3gainatosou-4

W様とのお約束。
SECOMシールの張り直し。

シャッターBOXの塗装が、しっかり乾いた状態を確認してから張りました。

 

 

3gainatosou-5

玄関前の道路清掃。

ゴミは残さない様に気を付けます。

 

 

20日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

aobaku-1 aobaku-2

W様 工事期間 長く掛かりましたが、今日で塗装作業のラストです。

外していた、配線を復旧・固定をします。

 

 

 

aobaku-3 aobaku-4

エアコン配管カバー こちらも復旧 固定します。

そして、きれいに塗り直しておきましょう。

 

 

aobaku-5

きれいになりました。

 

 

 

aobaku-6

雨が入り込む可能性のあるヶ所は、コーキングで止水処理。

 

 

 

aobaku-7 aobaku-8

外壁ALC塗装  最後の見直し、、、  
補修が必要なヶ所や、他の塗料が付着してしまっている所を手直しします。

 

 

 

 

aobaku-9 aobaku-10

ベランダの手すりのお掃除。
ペンキがついているのを落とします。

 

 

aobaku-14

最後に全体を拭き掃除して 、きれいになりました。

 

 

 

aobaku-12 aobaku-13

 

 

他、清掃  全てのエアコン室外機の上。
車庫前の石材タイル。  タイル目地の汚れ、できるだけきれいにさせて頂きました。

 

 

 

aobaku-15 aobaku-16

家の周りの清掃です。
なるべく、ごみが落ちない様に気を付けましたが、どうしても少し出てしまいます。

きれいにお掃除しておきます。

 

 

 

 

aobaku-17

家の前。  
昨日も清掃しましたが、ペンキのごみだけではなく、枯葉なども諸々お掃除しておきました。

 

 

 

aobaku-19

aobaku-21 aobaku-22

正面側から撮った写真です。  窓周りの仕上げ見切り、清掃、物置の移動戻しすべて完了しました。

後日、足場を解体しましたら、もう一度家の周りを再チェックして完了になります。

 

引き続きよろしくお願いします!

 

 

21日目の作業 横浜市青葉区W様邸 ガイナ塗装工事

aobakugaina-1
W様 足場解体後の家の周りの清掃になります。
家の周りの猫除け できる限り戻しておきました。

ご確認くださいませ。。。

 

 

aobakugaina-3 aobakugaina-2

全ての作業が完了しました。

工事中のお洗濯物の件、ありがとうございました。
また、お車のご移動の件も誠にありがとうございました!

そして、工事中の御茶菓子、ご馳走様でした!

これからは、アフター点検にてお伺いさせていただきます。

末永くよろしくお願い申し上げます。

 

TOPへ